記事詳細

【令和日本と世界】G20で日本が得た「大きな財産」 中露などと会食、韓国とは握手だけと安倍首相の意思表示もハッキリ (1/2ページ)

★(2)

 大阪でのG20(20カ国・地域)首脳会合では、参加国のGDP(国内総生産)が世界全体の約8割を占めるというのが、話題になった。そもそも、世界に国はいくつあるのか。そうした話題を来週刊行の拙著『消えた国家の謎』(イースト新書)という本で扱った。

 戦争直後には60カ国くらいだったが、現在では国連加盟国が193国ある。このほか、バチカン、パレスチナ、台湾、クック諸島、ニウエ(=南太平洋諸島の小さな島国)、西サハラ、コソボなどがあるので、これらを含むと、世界にはちょうど200カ国がある計算になる。

 当然に、これらの国の重要性や相互の関係は多様であるので、全地球を俯瞰(ふかん)するといっても、限られた外交資源を知恵を絞って上手に使っていくしかない。

 安倍晋三政権では、「価値観外交」ということで、欧米やオーストラリア、インドなど、「民主主義」「人権」「自由経済」「法の支配」といった共通の価値観を持つ国との連携を重視した外交を展開してきた。

 また、中国やロシアには媚びることなく、しかし、大国として尊重し意思疎通を図っている。韓国のように無礼な蛮行を繰り返す国には、毅然(きぜん)と対応してきた。

関連ニュース