記事詳細

【令和日本と世界】天皇、皇后両陛下と安倍首相の「絶妙な役割分担」 日本も念願の“外交大国”になれるか (1/2ページ)

★(3)

 天皇陛下が即位されて2カ月がたった。安倍晋三首相と「絶妙な役割分担」をされ、君主としての新しいスタイルを外交面で見事に示されており、絶好調だと思う。この素晴らしいスタートを喜びたい。

 天皇、皇后両陛下が、令和初の国賓として来日したドナルド・トランプ米大統領夫妻と通訳なしで会話したことがメディアで話題になった。両陛下とも、英語圏で学ばれたのだから、26歳になって東欧から米国に移民したメラニア夫人より、こなれた英会話ができて当然ともいえた。

 だが、両陛下が、G20(20カ国・地域)首脳会合に先だって公式実務訪問したエマニュエル・マクロン仏大統領夫妻とフランス語で話されたことは、フランス人を大いに喜ばせた。

 天皇陛下は学習院で、仏文学の権威である小林善彦先生などから立派なフランス語をたたき込まれている。皇后陛下も二度にわたりフランスに短期の語学留学をされていることは、知る人ぞ知る事実だ。

 皇后陛下の体調については、マクロン大統領夫妻との昼食会に、両陛下そろって出席できるか直前まで決まらなかったことからも、まだ、万全でないのだろう。その意味で、くれぐれもご無理のないようにお願いしたいところだ。

 天皇、皇后両陛下による外交への参加の位置づけは、昭和・平成の時代とは少し性格が変わったと思う。

関連ニュース