記事詳細

【令和日本と世界】平成の日本人は「中国人に負けた」と認めるべき! 令和の日本は“心機一転”を (1/2ページ)

★(4)

 大阪でのG20(20カ国・地域)首脳会合の写真で、安倍晋三首相を真ん中にして、左右にトランプ米国大統領と習近平中国主席が並んだものがあった。世界の三大国のトップが勢ぞろいで、そのGDP(国内総生産)を合計すると世界の46%になる。

 平成が始まったころの1990(平成2)年には、中国は世界11位で、日本が2位だった。日本が中国に抜かれたのは2010(同22)年の民主党政権の下で、差はどんどん付き、いまや3倍近い。

 平成の総決算として、1990年と2018年の数字を比較してみると、中国のGDPは33・6倍になった。インドは8・3倍、韓国は5・8倍、米国は3・4倍、ドイツが2・5倍、英国が2・4倍、フランスは2・2倍、そして、日本は1・6倍である。欧米に比べても散々な時代だったのである。

 平成の日本は、中国やインドはもちろん、欧米にも韓国にも負けたのである。この大失態をへ理屈でごまかすべきではない。

 あえていうが、明治時代や戦後の日本人は、世界に冠たる素晴らしい成果を上げた国民だったが、平成の日本人は父祖たちが辛苦して築き上げた蓄積を食い潰しただけであった。

 「人権」や「自由」という観点では、いまも中国はひどい国だが、趨勢(すうせい)値としては平成の30年間に中国はそういう方面でも、かなり改善した。

関連ニュース