記事詳細

日本を元気にする“三大政策”で「幸福実現」へ 釈量子党首が第一声

 参院選比例代表に立候補した幸福実現党の釈量子党首は4日正午、東京・有楽町イトシア前で、東京選挙区に立候補した七海ひろこ党広報本部長と第一声を発した。

 釈党首は「消費税を5%に戻し、『安い税金・小さい政府』で経済成長を回復させる。国民の安心・安全のため憲法9条を根本改正し、防衛力も増強します。今日より明日がよくなる未来への投資で宇宙・航空分野など新産業を育てます」と“日本を元気にする”三大政策を訴えた。

 また、香港の民主化運動を取り上げ、「中国の人権弾圧はウイグル、チベット、香港へと広がり、覇権主義は台湾を飲み込み、尖閣諸島、沖縄、九州、日本全体に波及しかねません。国難に立ち向かい日本を豊かにすべく戦って参ります」と、決意を述べた。

関連ニュース