記事詳細

【新・カジノ情報局】カジノ開業目標2024~25年…少々の遅れは取り戻せる! (1/2ページ)

★最新版!日本のIRはこうなる(1)

 4日に公示された夏の参院選は、21日が投開票。早くから有力視されていた日程だが、思いもかけないところでアオリを受けたのが日本版IR(統合型リゾート)に関わるすべての人だ。IR整備法が成立、施行されたのが昨年7月。この3月末にIR内の施設に関する基準を定めた整備法施行令がまとめられたまでは予定通りだった。

 だが、政府は5月22日、7月に予定していた「カジノ管理委員会」の発足と、「IR整備に当たっての基本方針」の公表を、参院選以降に先送りにすることを決めたのだ。

 だれもが思うのは“選挙への影響を考慮した…”。しかし、わが国が目指す世界最高水準のIRは、決してやましいものではないはず。個人的にはもっと堂々と開業までのプロセスを進めてほしいと思うのだが、まあ、連立する党の顔を立てたり、政治の事情というヤツがいろいろとあるのだろう。

 基本方針の公表先送りにより、早ければ24年~25年にも、と期待されていたIRの開業時期がズレ込む危険性が出てきた。なかでも25年の大阪・関西万博までにIRを整備したい大阪府/市にとっては急ブレーキ。すぐさま吉村洋文・府知事は「いたずらに時間をかけることのないよう」と、国に要望した。

関連ニュース