記事詳細

一時保護に激高か 児相職員らに暴行容疑で父を逮捕

 茨城県警古河署は8日までに、児童を一時保護するために訪問した児童相談所職員らに激高し、止めに入った妻(38)にけがをさせたとして傷害容疑で、児童の父親の無職、斎藤雄二容疑者(50)を現行犯逮捕した。妻への傷害や児相職員らへの暴力行為法違反などの疑いで7日、送検。容疑を否認しているという。

 送検容疑は、5日午後、自宅を訪れた筑西児童相談所の職員や古河署員に「なんで来たんだ。ぶっ殺すぞ」と怒鳴って台所から包丁を取り出し、妻の右腕に切り傷を負わせ、児相職員の顔を殴った疑い。古河署によると、児童にけがはなく、福祉施設へ保護された。