記事詳細

「日本と対話再開を」 韓国紙、外交努力訴え

 【ソウル共同】韓国各紙は8日、社説で一斉に日本政府の輸出規制強化を取り上げた。「直ちに日本との対話を再開し、外交的和解を模索しなければならない」(中央日報)「解決策を見いだすため水面下の外交から始めるべきだ」(東亜日報)など、韓国政府に事態打開のための外交努力を訴える論調が目立った。

 中央日報は「対立が長引くほど、そのはざまで善良な両国国民が傷つく」と指摘した。また、韓国高官が7日に財閥トップと会い対策を議論したことを挙げ「韓日政府の外交摩擦という根本的原因に背を向けた状態で、政府とトップ間の会合が意味ある対策になるだろうか」と疑問を呈した。

 東亜日報は、韓国で日本製品の不買運動や日本への旅行自粛キャンペーンが広がっているとした上で「こんな時こそ、理性の声が両国で高まる必要がある」と強調。議員や財界、学界など「各界で韓日パートナー間の対話と交流を続ける必要がある」とした。

 革新系紙のハンギョレは「日本への(経済的な)依存度を下げ、偏った経済構造を変える契機にしてほしい」と求めた。(共同)