記事詳細

かんぽ生命、保険料二重払い2・2万件 金融庁は処分検討

 かんぽ生命保険は9日、顧客に対し新旧契約の保険料を故意に二重払いさせていた問題で、6カ月以上の二重払いが2016年4月~18年12月の間の契約で、約2万2000件あったと明らかにした。これ以外の期間も同様のケースがあったとみられ、件数はさらに増えそうだ。

 新契約の締結から旧契約の解約まで6カ月以上あると、社内基準で乗り換えではないとみなされ、営業成績が上がるため、成績算入を目当てに解約を先延ばしさせた疑いが強い。また先に保険を解約した場合、3カ月以内に新しい保険を契約すると乗り換えとして成績算入額が減るため、4カ月以降に契約を結ぶケースがあった。

 金融庁は事態を重くみており、業務改善命令などの処分の検討に入っている。かんぽ生命では、顧客の乗り換え契約は、通常契約の半額分が営業成績に加算される仕組みだった。