記事詳細

公開処刑も…日本海を荒らした「北朝鮮の海賊」の残虐度 (1/2ページ)

 日本海沿岸で、漂流・漂着が相次いでいる北朝鮮から来たと思われる木造船。産経新聞は海上保安庁の情報として、日本海沿岸に漂着した木造船の数は2018年に225隻に達し、うち5件から12体の遺体が発見されたと報じている。

 原因は、金正恩党委員長が旗を振る漁業振興策の下、「日本なら100年前のシロモノ」と言われる粗末な木造船による強引な出漁にあると見られてきた。サイズが小さすぎ、構造的にも沖合での漁業に向かない木造船は、大波に遭うと簡単に転覆する。

 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は昨年3月、かつて北朝鮮でイカ漁に従事したことのある脱北男性のインタビューを掲載した。男性はその中で、木の葉のように大波にもてあそばれる木造船の様子を描写。「あの時の恐怖は言葉では言い表せません」と語っている。

 (参考記事:「あの恐怖は言い表せない」北朝鮮の元漁師が体験した「生死の境目」

 ところがここへ来て、遭難した北朝鮮漁民の少なくとも一部は、凶悪犯罪の被害者である可能性が浮上した。

 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋の話として伝えたところによると、現地で最近、強盗殺人を犯した6人に対する裁判が行われた。

デイリーNKジャパン

関連ニュース