記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】日本人を装い慰安婦像にツバ… 韓国内で起きた愚行騒動、あわや「反日材料」に 「国籍詐称者を処罰する国際条約」必要だ (1/2ページ)

 韓国のお笑い芸人はテレビで「悪いことをしたときは日本人と言うのだよ」とやって、大喝采を浴びた。韓国とは、そういう国だ。第三国で悪事を働いた韓国人が「自分は日本人だ」と国籍を詐称した事例はヤマほどある。そうした事例に日本の外務省が有効な対応策を講じていないのは大問題だが、今度は韓国内で悪事を働いた韓国人が日本人を装う騒ぎがあった。

 ソウル近郊の京畿道(キョンギド)安山(アンサン)市の駅前広場にある慰安婦像に6日午前0時ごろ、男4人がツバを吐きかけた。止めに入った人に向かって、1人の男が日本語で“朝鮮人の悪口”を言って引き揚げたというのだ。

 「反日大好き」の中央日報が早速、「日本人と推定される男が少女像(筆者注=慰安婦像のこと)に唾吐いた」と報じた(2019年7月6日)。文在寅(ムン・ジェイン)政権になって、怠慢の度を増した警察がすぐに出動したというから、「慰安婦様関連」は特別扱いなのだろう。

 すぐに4人は特定された。全員が韓国人だった。中央日報は素早く6日の記事を保存・検索用のサイトから削除した。そして、「少女像に唾を吐いた日本人? 全員韓国人だった」(7日)と報じた。

 「日本語を話せたので制止する市民に日本語を使った」と男は供述したという。この騒ぎは、さまざまな角度からの切り口がある。

 1つは、悪事を働いたときの「日本人詐称」が、海外ではなく韓国国内でも行われているという事実だ。通報した市民が「男は日本人」と主張したのは、下手な日本語でも韓国人を簡単にダマせるということだ。

 2つ目は、男たちの素性が特定されなかったなら、この騒ぎは「日本人による慰安婦像テロ事件」などと命名されて、「日本人=悪人」説を補強する材料になっていたことだ。

関連ニュース