記事詳細

【海外こぼれ話】超ド級!?天然水 南極の氷山をアラブへ

 アラブ首長国連邦(UAE)の男性実業家が南極の氷山を同国の沖合に運ぶ計画を発表した。中東メディアなどが伝えた。飲料水の確保が目的で、大きさは長さ約2キロ、幅約500メートルを見込み、費用は1億ドル(約109億円)を超えるという。

 鉄製の巨大なベルトで氷山を囲み、約10カ月間かけて船でえい航する計画。実業家は「海水を淡水化するよりも安くあがり、環境にも優しい」と説明している。(共同)

関連ニュース