記事詳細

ハンセン病訴訟、控訴断念で安倍首相が談話「心からおわび申し上げる」

 政府は12日の持ち回り閣議で、ハンセン病元患者家族の差別被害を認め、国に損害賠償を命じた熊本地裁判決の控訴見送りについて、安倍晋三首相の談話と政府声明を決定した。「政府として改めて深く反省し、心からおわび申し上げる」と謝罪する内容で、安倍首相が家族に面会する方針も明記した。

 談話では「患者、元患者のみならず、家族に対しても、社会で極めて厳しい偏見、差別が存在したことは厳然たる事実だ」と指摘。「家族の皆さまと直接お会いして(おわびの)気持ちを伝えたい」と表明した。

 そのうえで、「確定判決に基づく賠償を速やかに履行し、訴訟への参加・不参加を問わず、家族を対象とした新たな補償の措置を講じる」と説明した。

 一方、政府声明では地裁判決に対する反論が記され、「国家賠償法、民法の解釈の根幹に関わる法律上の問題点がある」と主張した。

関連ニュース