記事詳細

【新・カジノ情報局】日本のIRで盛り上がる! 「スポーツエンタメ」の大きな可能性 (1/2ページ)

★日本のIRはこうなる(2)

 自民党は今回の参院選公約【観光】のなかで、「IR整備法に基づき、大人も子供も楽しめる安心で魅力的な日本型IRを創り上げる」と明記している。政府からのIR基本方針の公表が遅れるなか、表立って進めることができるのが、IRについての正しい知識を広めていくことだ。最近行われた勉強会とイベントに注目した。

 一般社団法人・日本IR協会(中山彩子代表)が主催するIR勉強会は、主に国会議員や自治体関係者向けにトピックスを提供している。6月19日に行われた第3回は『日本版IRにおけるエンターテインメント』がテーマ。エンタメといえば、すぐに思い浮かぶのは“ショービジネス”だが、最新のIRが擁するエンタメは実に幅広い。

 とくに感じたのが、スポーツイベントの大きな可能性だ。IR推進本部事務局長の中川真氏が今のラスベガスのスポーツビジネスの成長ぶりを強調すれば、16年4月にオープンした2万席規模の「T-モバイル・アリーナ」を紹介したのは、MGMリゾーツ・インターナショナル、エンタメ責任者のエイミー・チャイ氏。同社は6万5千席のNFLスタジアムも建設中だ。

 さらにメルコリゾーツ&エンターテインメントのフレデリック・ウィンクラー上席副社長が掲げた『エンターテインメントの新たな7つのルール』の一つが「コミュニティーの構築」。IRのある地域をフランチャイズとするスポーツチームができあがれば、コミュニティーが大いに盛り上がるのは間違いない。

関連ニュース