記事詳細

「壬申戸籍」またネット出品 法務省、一部回収できず

 初の全国的な戸籍として編製された明治時代の「壬申戸籍」とみられる文書が、インターネットオークションに出品され、一部が回収できていないことが17日までに法務省への取材で分かった。壬申戸籍は「華族」「平民」といった当時の身分や犯罪歴も記載され差別につながる恐れがあり、閲覧禁止となっている。今年2月にも静岡地方法務局がオークションに出品、落札された壬申戸籍を回収している。

 山下貴司法相は閣議後記者会見で「取引されるのは、由々しき事態だ。法務省も可能な対応を取りたい」と話した。

 法務省によると5月5日と同23日に、それぞれ奈良県中西部と埼玉県北部の壬申戸籍とみられる文書がオークションサイト「ヤフオク!」に出品された。

 奈良県の文書は出品者の同意を得て落札前に回収できたが、埼玉県の文書は同26日に落札され、同省がヤフーを通じて引き渡しを呼び掛けているが落札者は7月16日時点で応じていないという。