記事詳細

芥川、直木賞はいずれも女性作家が受賞 古市憲寿さんは落選「まただめだった!」

 第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)が17日、発表された。80年超の歴史で初めて全候補者が女性だった直木賞に大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結(いもせやまおんなていきんたまむす)び」(文芸春秋)、芥川賞も今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」春号)が選ばれ、両賞とも女性作家が受賞した。

 大島さんは名古屋市生まれ、同市在住で、本屋大賞3位の「ピエタ」など人気作がある。今村さんは広島市生まれ、大阪市在住で、作品に三島由紀夫賞受賞作「こちらあみ子」などがある。

 2回連続で芥川賞候補となった社会学者の古市憲寿さん(34)は落選。ツイッターで、「まただめだった!!!」と残念がった。