記事詳細

トランプ大統領、文大統領から「日韓仲介」頼まれたと明かすも乗り気なし?「いくつのことに関わらないといけないのか」

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は19日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から、輸出管理をめぐる日本との対立に関して仲介を頼まれたことを明らかにした。「もし日韓双方が私に求めるのであれば関与するだろう」と述べたが、すでに北朝鮮問題など多くの懸案を抱える中での介入には及び腰な構えをみせ、まずは日韓で解決に当たるべきだとの認識を示した。

 トランプ氏が日韓の仲介について公的な場で発言したのは初めて。トランプ氏はホワイトハウスで、報道陣の質問に対し「現在、日韓間に摩擦がある。実際に韓国大統領から(仲介に向けて)関与できないか頼まれた」と話した。文氏には「いくつのことに関わらないといけないのか」と返答したという。

 その上でトランプ氏は、すでに米政府は朝鮮半島問題をはじめ「多くのことに関わっている」と指摘。さらに日韓に介入するのは「フルタイムの仕事のようなものだ」として、乗り気でない様子をのぞかせた。

 トランプ氏は、安倍晋三首相と文氏の2人が「私を必要とするのなら、そうする」と述べ、介入には日本側の要請も前提との立場を表明。ただ「彼らが解決してくれるのが望ましい」とくぎを刺した。(産経新聞)

関連ニュース