記事詳細

【参院選2019】れいわ新選組・山本太郎氏「10円ハゲ」真相直撃! 自身は落選も2議席獲得

 山本太郎代表(44)率いる「れいわ新選組」が参院選比例代表で2議席を獲得した。山本氏自身は90万票以上を得ながら落選したが、政党要件を満たしたことで「勝利宣言」。夕刊フジの直撃取材に心境を告白した。

 「見た? 見た!? 今の!」。21日午後8時過ぎの開票速報で、早々と比例代表での当選確実が伝えられると、山本氏は支持者とともに喜びを爆発させた。

 特定枠1位で擁立したALS(筋萎縮性側索硬化症)患者で会社役員の船後靖彦氏(61)と、同2位の脳性まひを抱える木村英子氏(54)が当選した。

 山本氏は夕刊フジの直撃に「(ネットでの活動を中心に)幅広い層に興味を持ってもらえた。一度も投票したことのない60代の方から『選挙に行く』とも言っていただいた」と述べ、無党派層からの支持も得られたと分析。「衆参の選挙を重ねて政権を取れれば、消費税をなくし、最低賃金もアップさせます。そうすれば夕刊フジの部数も増えて、今まで夕刊フジを買いたいと思っても買えなかった人が(購入に)リーチするかもしれないですね」と話した。

 選挙戦で頭にできてしまったという“10円ハゲ”については「いろいろと考え事することがあってできるんですよねー。加齢だと思われたら心外です」と笑った。

関連ニュース