記事詳細

安倍首相、9月内閣改造で「断韓シフト」 河野外相は続投、三原じゅん子や進次郎氏の抜擢も (1/3ページ)

 第25回参院選は21日、投開票された。安倍晋三首相(総裁)率いる自民党は2016年の前回参院選を上回る57議席を獲得し、公明党と合わせた与党で改選124議席の過半数(63議席)を超えた。6年半を超えた安倍政権は信任されたが、憲法改正に前向きな「改憲勢力」は国会発議に必要な3分の2(非改選議席と合わせて164議席)を割り込んだ。安倍首相は“薄氷の勝利”を受けて9月半ばにも、内閣改造・党役員人事を断行する。いわゆる「元徴用工」の異常判決などをめぐる韓国への新たな対抗措置や、緊迫するイラン情勢、憲法改正を見据えて、政権基盤を強化する。注目の「断韓シフト」に迫った。

 「国民は安定した政治基盤のもとに政策を進めていけという判断をしたと思う」

 安倍首相は21日夜のNHK番組で「大型国政選6連勝」を果たした感想をこう語った。だが、そこに高揚感はなかった。

 自民、公明与党は改選過半数を上回ったが、改選前の77議席には届かなかった。自民党は改選前より9減。単独過半数も失った。自民党と野党5党派が激突した32ある改選1人区は、自民党の「22勝10敗」だった。

 立憲民主党は改選前の9議席から17に増やした。日本維新の会は3増の10議席。国民民主党は2減の6、共産党は1減の7、社民党は改選数維持の1議席。政治団体「れいわ新選組」「NHKから国民を守る党」もそれぞれ比例代表2議席、1議席を得た。

関連ニュース