記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】菅官房長官、参院選応援で際立つ存在感 改選複数区で勝利呼び込む (1/2ページ)

 第25回参院選にはいくつかの特色があったが、その中で最も注目したのは菅義偉官房長官の果たした役割である。

 筆者の手元に、菅氏が選挙期間中に全国遊説した分単位の日時と、住所まで記した演説場所の一覧表(非公開)がある。

 自民党本部が作成した主要閣僚と党役員の遊説日程表(A4版)とは異なるものだ。菅氏は公示日の7月4日から選挙戦最終日の20日まで17日間に、1都16県56カ所を訪れた。

 東京が4回、宮城は3回、そして2回は岩手、秋田、山形、新潟、千葉、広島。とりわけ、秋田の遊説先8カ所と山形の6カ所、そして、1回訪問の滋賀の6カ所が際立つ。

 結果的に、自民党が総力戦で臨んだ32の1人区のうち、東北の激戦選挙区(岩手、秋田、宮城、山形)すべてで敗北した。

 東北以外の激戦区だった新潟と滋賀も敗北したが、菅氏がテコ入れした広島選挙区(改選定数2)は自民党新人の河井案里氏が、同党現職大物の溝手顕正氏をかわして2位で当選した。

 一方、「参院選調査結果一覧」と題されたA4版9枚の自民党独自の情勢調査(7月13~14日実施)と、菅氏が訪れた日時と場所を比較検証すると興味深いことに気づく。

関連ニュース