記事詳細

北朝鮮、また韓国を挑発 短距離弾道ミサイルを2発発射 

 北朝鮮が韓国への挑発を繰り返している。韓国軍合同参謀本部は31日、北朝鮮が同日午前5時6分ごろと同27分ごろ、東部元山(ウォンサン)付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射したと明らかにした。高度は約30キロ、飛行距離は約250キロと推定されるとした。

 防衛省は31日、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていないと明らかにした。

 北朝鮮は25日にも短距離ミサイル2発を発射したばかり。25日の2発は約600キロ飛行した。

 北朝鮮の国営メディアは、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「新型戦術誘導兵器」の発射を視察したと伝え、米国との合同軍事演習を予定する韓国軍への「武力示威」だと警告した。

 北朝鮮は相次ぐ発射で韓国側に揺さぶりを掛ける一方、米国側には対話路線を示している。

 米政府高官は30日、北朝鮮政府当局者が先週、米政府当局者に対し、北朝鮮の非核化に向けた米朝実務協議を早期に再開する考えを伝えたと明らかにした。

 ロイター通信によると、米朝の当局者は韓国と北朝鮮の軍事境界線のある非武装地帯(DMZ)で接触。米側がトランプ大統領と正恩氏による6月の首脳会談の際の写真を渡すために訪れたとしている。

関連ニュース