記事詳細

韓国・文議長、対韓輸出規制めぐり“大失策”か 「ホワイト国除外」打開図るも成果ゼロ濃厚…識者「彼らの手口は安倍政権には通用しない」 (3/3ページ)

 日韓間でいえば、韓国側の「反日」暴挙による信頼崩壊も大きい。

 「天皇陛下への謝罪要求」をはじめ、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への危険なレーダー照射事件や、いわゆる「元徴用工」の異常判決など、文政権下では常識では考えられない異常事態が続発している。

 安倍晋三政権としても、日本国民としても、「文政権の間は、日韓関係の関係改善はあり得ない」というのが、現状での感覚ではないか。

 こうしたなかで、韓国の超党派国会議員団が来日する。

 韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「韓国議員団が日本に来て、日韓議連関係者らと一緒に酒を飲み交わせば、安倍首相の決意が変わると考えているとすれば、甘すぎる。文議長としては『韓国国会も状況改善に動いている』と国内にアピールしたいだけで、何か物事が進展するとは思っていないはずだ。何も譲歩を引き出せなければ、帰国後に『日本は冷たい』『ひどい国だ』などと韓国世論に説明し、さらに反日を煽るつもりなのだろう。日本の政治家らに手を回すのは彼らのよくやる手口だが、断固とした対応を取る安倍政権には通用しないと理解すべきだ」と語った。

関連ニュース