記事詳細

【山口那津男 本音でズバッと】公明党「14議席」獲得! 示された民意を国会運営に生かす (1/2ページ)

 参院選が21日に終わった。私自身が、東京選挙区の候補者でありながら、党の代表として全国を駆けめぐる陣頭に立った。ありがたいことに、低投票率の中、6年前を上回る得票で4度目の当選を果たすことができた。

 公明党は「選挙区7、比例区6以上」の目標を立てて激戦に挑んだが、比例区でも7議席を得て、改選前11議席から「14議席」に議席を伸ばすことができた。非改選14議席と合わせた「28議席」は過去最多に並ぶ。与党としても改選議席の半数を超える71議席と、安定した基盤を確保した。選挙協力が功を奏した結果である。

 当初、年金や消費税が争点といわれたが、主要野党である立憲民主党や国民民主党が与党を批判しても明確な対案を示せず、盛り上がらなかった。野党共闘のかたちをつくったが、共産党と他の野党とは、年金や消費税を含む基本政策の隔たりが大きく、バラバラ感を露呈して前回ほどの結果は得られなかった。

 日本維新の会や、れいわ新選組など、新たな勢力が台頭し、既成勢力に課題を突きつけた。

 投開票翌日の22日、安倍晋三首相(自民党総裁)と与党党首会談を開き、教育無償化など全世代型社会保障を進める消費税率引き上げと、軽減税率の着実な実施を確認し、さまざまな視点から選挙結果を分析し合った。

 来月1日から5日間の会期で臨時国会が行われる。選挙で示された民意の背景を受け止めながら、今後の国会運営に生かしていかなければならない。

関連ニュース