記事詳細

訪日の韓国議員団に「対韓5カ条」要求を! 「日本に言ってやった」のパフォーマンスさせるな (1/3ページ)

 韓国の超党派国会議員団が7月31日に来日、日本の国会議員らと面会した。日本政府が8月2日、貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する前に、議員外交で事態打開を目指すものだ。ただ、最大の原因は、戦略物資に対する韓国側のずさんな輸出管理にある。31日、ポンペオ米国務長官が日韓関係の仲介を図る考えを示したが、安全保障上、厳格な改善策が実行されない限り、撤回は困難だ。韓国の相次ぐ「反日」暴挙に、日本では不信感が極限まで高まっている。日韓関係改善には、文在寅(ムン・ジェイン)政権の誠実な行動が不可欠で、専門家は「対韓5カ条要求」を提言する。

 「日本に来れば『何とかなる』と思っているのかもしれないが、冗談ではない。韓国は、日本人を心底怒らせることばかりやってきた。日韓関係をここまで悪化させた責任は、すべて韓国側にある。一連の反日行動への『謝罪使節団』として来るのであれば、受け入れてもいいのだが…」

 朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏はこう語る。

 注目の韓国議員団は、韓日議会外交フォーラム会長を務める無所属の徐清源(ソ・チョンウォン)議員を団長に、韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)など与野党議員10人。31日午後、日韓議員連盟の額賀福志郎会長(自民党)との面会・昼食会に臨み、公明党の山口那津男代表とも会談した。8月1日には、国民民主党の玉木雄一郎代表と、立憲民主党の福山哲郎幹事長と面談する。

 自民党の二階俊博幹事長は、周辺で「現時点で面会しても日韓関係の改善にはつながらない」との反対意見が強く、面会を見送った。

関連ニュース