記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】何を躊躇する?ホルムズ海峡「有志連合構想」参加 わが国の「命綱」今こそ日本人の手で守るべきやろ! (1/2ページ)

 いっやあ…何やこのうだるような暑さは、もうエアコンフル稼働や。特に乳幼児や寝たきりのお年寄りのおられる家庭は要注意やで。ところでそないに日本全国各所でビンビン、エアコン効かせて電力大丈夫か?

 「反原発」をお題目にしとる“プロ市民”の皆サマや、山本タロー前センセイやらの口癖は、「原発ゼロでもやっていけたじゃないか」やけど、その代替電力の多くを「火力」に頼っとるの知っとるの?

 昨年の北海道東部地震の際、火力発電所が停止して道内のほぼ全域が停電、復旧にはほぼ1週間かかったんやで。亡くなった方の中には、通電しておれば助かった命もあったやろ。

 いま、この真夏の暑さの中で、昼間2時間だけでも電気とめてみい。間違いなく死者が出るぞ。いや脳みそ沸騰して暴動さえ起きかねん。国民の生命・生活が第一ってタテマエとはいえ、野党のセンセイ方の「1丁目1番地」ちゃうんかい。

 何平和ボケしとるんや。ホンマにそうなるかもしれんのやで。中東のホルムズ海峡を自由で安全に日本のタンカーが通れんようになったらな。

 日本の電力の8割以上が火力発電に依存しとる。その火力発電のエネルギーのほとんどが石油や。日本はほぼ100%輸入に頼っとる。中東産原油のほとんどはホルムズ海峡通って日本にタンカーで運ばれとるのである。そこを襲われたんやで、日本の船会社のタンカーが、や。しかも砲撃や。もう、テロレベルやなく、戦争やないか。

関連ニュース