記事詳細

北朝鮮、また短距離ミサイル2発発射 米韓軍事演習に抗議か

 韓国軍合同参謀本部は2日、北朝鮮が同日午前2時59分と3時23分ごろ、東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)から日本海に向けて短距離の飛翔体を2回にわたって発射したと明らかにした。米メディアは米政府筋の話として短距離弾道ミサイル2発とみられると報じた。

 北朝鮮は7月25日に新型短距離弾道ミサイルを発射したほか、31日には新型多連装ロケット砲を試射したとしている。米韓両国が5日から予定する合同軍事演習に強く反発しており、韓国を威嚇する狙いとみられる。

 日本政府は2日、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていないと明らかにした。

 韓国の情報機関、国家情報院は1日、北朝鮮が今月中に再びミサイル発射などの武力示威を行う可能性があると国会で報告していた。