記事詳細

中国人が行かない今こそ…台湾旅行が大チャンス! ホテルに空室、夏休みに間に合うかも (1/2ページ)

 中国政府は1日、中国から台湾への個人の観光旅行を全面的に停止すると発表した。来年1月の台湾総統選を前にして、独立志向派の民主進歩党の蔡英文総統に圧力を強める狙いとみられる。ただ、この措置は、夏休みの旅行先が決まっていない日本人には朗報かもしれない。親日的で大人気の台湾旅行が、今からでも間に合いそうなのだ。

 今年上半期の中国から台湾への個人観光客は約63万人。これがゼロとなれば台湾経済には打撃だが、それだけホテルには空室が出て、観光地にも余裕が出ることになる。

 そもそも、台湾は最近、日本人に人気の観光地として定着している。

 日本政府観光局の統計では、台湾への日本人出国者数は2013年は約142万人だったが、17年は約190万人と、中国や韓国の減少傾向とは逆に増加している。

 旅行大手JTBの「夏休みの旅行動向」によると、夏休み(7月15日~8月31日)の海外旅行人数推計で、台湾は約24万人で、前年比8・3%増を見込んでいる。

 同社広報室は「『今年の夏休みどこに行きたいか』というアンケートでも、ハワイ、北欧、スイスに次いで、台湾がランクインした。タピオカなど台湾の食文化も日本に入ってきており、若い世代や母娘での旅行が比較的多い。リピーターも増えている」と話す。

 HIS広報室も「飛行機の搭乗時間が4時間程度なので、休暇が週末しかとれない人でも3日間程度で行ける手軽さもある。女性同士で旅行する方も多く、治安の面でも大丈夫だ」と語る。

関連ニュース