記事詳細

1400件の抗議受けた「あいちトリエンナーレ」 「昭和天皇」「慰安婦像」の作品展示を中止

 文化庁の補助事業として名古屋市などで開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員会は3日、昭和天皇の写真が燃えているように見える作品や、「慰安婦像」として知られる少女像などの展示を同日までで中止すると発表した。

 一連の作品は、芸術祭の企画「表現の不自由展・その後」の1つとして出品されていた。開幕からの2日間で抗議の電話とメールは計約1400件に上ったという。

 実行委員会の会長を務める同県の大村秀章知事は記者会見で「(抗議が)これ以上エスカレートすると、安心安全の確保が難しい」と説明。事務局に「ガソリン携行缶を持って(会場の)美術館に行く」との京都アニメーション放火殺人事件を連想させる内容のファクスがあったとした。

 芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏は「想定を超えた抗議があった。表現の自由を後退させてしまった」と述べた。

 展示中止について、「表現の不自由展・その後」の実行委員会は3日、芸術祭の実行委に対し、「主催者自らが弾圧する歴史的暴挙」との抗議声明を出した。

関連ニュース