記事詳細

太極拳の指導中に…62歳男、7歳女児にわいせつ行為 「体触りたかった」

 福岡県警折尾署は5日、太極拳の指導中に女児に対しわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで同県中間市扇ケ浦、無職、鴻上雅仁容疑者(62)を再逮捕した。「体を触りたかった」と容疑を認めている。

 再逮捕容疑は1月20日午後2時ごろから4時ごろまでの間、北九州市内のスポーツ施設で指導中の女児(7)の服を脱がせたり、体を触ったりした疑い。署によると、同容疑者は別の女児2人への強制わいせつ容疑で逮捕、起訴されている。

 押収したパソコンなどから複数の女児のわいせつな動画や画像が見つかっており、余罪を調べている。