記事詳細

韓国の対抗措置は「無駄な抵抗」!? 映画「ドラえもん」まで公開延期… 識者「日本にとって嫌がらせ程度に過ぎない」 (1/2ページ)

 日本政府は2日、韓国を貿易の優遇措置を適用する「ホワイト国」から除外する政令改正を閣議決定した。これに対し、韓国は対抗措置として、世界貿易機関(WTO)への提訴準備加速や、韓国の「ホワイト国」から日本を除外、さらには映画「ドラえもん」の公開延期まで飛び出す狂乱ぶりを披露している。専門家は「無駄な抵抗」と一蹴している。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は同日、日本政府が輸出管理を強化する決定を受けて緊急閣僚会議を開き、「問題解決への外交的努力を拒否し、事態を一層悪化させる非常に無謀な決定だ」「韓国政府と国際社会の外交的解決努力を無視し、状況を悪化させた責任が日本政府にあるのが明確になった」と反論し、日本を「盗っ人猛々しい」とまで言い放った。

 文氏の発言を受け、「ヒゲの隊長」こと佐藤正久外務副大臣は2日、BSフジ番組で「常軌を逸している」「『盗っ人猛々しい』と品のない言葉まで使っているのは異常だ。日本に対して無礼だ」と激怒した。

 日本政府は、韓国の輸出管理に疑わしい事案が続出したたため、安全保障上の運用を見直しただけだ。韓国は輸出管理の優遇措置が得られる「グループA(ホワイト国)」から「グループB」に変更される。禁輸ではなく、他のアジア諸国と同様の扱いになるにすぎない。

 ところが、韓国の脊髄反射にはあきれるしかない。

 洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は、「われわれも日本を『ホワイト国』から除外し、輸出管理を強化する手続きを踏む」と発表したのだ。韓国は「政治的理由で『ホワイト国』を剥奪するのはケシカラン」と言っていたが、自国こそ「政治的理由」で報復するようだ。

関連ニュース