記事詳細

台風8号が宮崎上陸、九州を縦断

 台風8号は6日午前5時ごろ、強い勢力のまま暴風域を伴って宮崎市付近に上陸した。進路を北寄りに変えて九州を縦断し、対馬海峡から6日夜には朝鮮半島に達する見込み。

 九州南部を中心に猛烈な風が吹き、非常に激しい雨が降った。台風の日本上陸は7月26日、三重県南部に台風6号が上陸して以来、今年に入って2回目。

 6日午前7時現在、熊本県人吉市の北東約30キロを時速約25キロで北西に進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。