記事詳細

韓国・文大統領“従北”の本性! 「北との協力で一気に日本に追いつける」と豪語も…ドイツをはるかに上回る統一コスト (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、ついに「従北」の本性を現した。大統領府で5日開いた首席補佐官会議で「南北経済協力」をブチ上げたのだ。国連安保理の経済制裁を無視するような発言であり、ドナルド・トランプ米政権が重大警戒する理由といえる。文政権はこのまま、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮との「統一国家」樹立に突き進むのか。

 「(北朝鮮との)南北経済協力で平和経済が実現すれば、われわれは一気に日本の優位に追い付くことができる」「南北がともに努力していくとき、非核化とともに朝鮮半島の平和の上にともに繁栄できる」

 文氏は5日の首席補佐官会議で、こう語ったという。日本政府が「ホワイト国」から韓国を除外したことを受けた発言で、南北共闘で日本に対抗する意向を示した。

 南北共闘や南北統一には、莫大(ばくだい)な恩恵とコストが予想される。北朝鮮の人口(約2500万人)や豊富な地下資源が期待される一方、両国の経済格差は甚大のため、コストは東西ドイツ統一をはるかに上回るとされる。

 政治体制がどうなるかも重要で、トランプ政権は警戒しているという。

 ジャーナリストの加賀孝英氏は人気連載「スクープ最前線」(5日発行)で、米情報当局の「朝鮮半島情勢の秘密報告書」について、関係者の以下の発言を伝えている。

関連ニュース