記事詳細

【政界マル秘紳士録】立民・枝野代表の政治姿勢に疑問 普天間問題、バラ色の選挙公約掲げるも“手だて”示されず… まるで旧民主党のカーボンコピー (2/2ページ)

 閣議決定したのは民主党で、立憲民主党とは違う政党かもしれない。だからといって枝野氏が署名した事実が消えるわけではない。もし、政党が変わったからといって過去の言動に責任をとらなくていいというのであれば、政治的道義的に余りの無責任である。

 枝野氏は一昨年の解散の際、希望の党への合流を拒否し、「まっとうな政治」を訴えて立憲民主党を立ち上げた。この言葉に有権者は「筋を通す政治家」というイメージを抱いていたはずである。

 ところが、普天間問題にしても、バラ色の選挙公約にしても、「筋を通す」姿勢は感じられない。むしろ旧民主党のカーボンコピーのように見えたのではないか。こうした枝野氏の政治姿勢に有権者は失望したのである。

 いよいよ、政局は解散総選挙が焦点になる。こうしたなかで、枝野氏は野党をどうまとめていくか。緒戦は秋の臨時国会である。先の国会では国民民主党との主導権争いがあったが、いよいよ野党第一党党首としての真価が問われることになる。(政治評論家・伊藤達美)

関連ニュース