記事詳細

日米北朝鮮非核化で協力 安倍首相、エスパー米国防長官と会談

 安倍晋三首相は7日午前、マーク・エスパー米国防長官と官邸で会談する。北朝鮮の完全非核化や「自由で開かれたインド太平洋」の実現へ向けた協力を確認。日米同盟の抑止力を強化する重要性を伝える考えだ。その後、岩屋毅防衛相がエスパー氏と防衛省で会談。北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射について、国際社会にとり深刻な課題だとして懸念を表明し、日米韓3カ国が連携して対処する必要性を訴える意向だ。

 岩屋氏とエスパー氏による直接会談は初めて。中東・ホルムズ海峡の航行の安全確保に向けた米主導の「有志連合」構想も議題となる可能性がある。

 今月下旬に更新の判断期限を迎える日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても議論するとみられる。