記事詳細

【海外こぼれ話】遺伝の影響…? 少年の顎から500本超の「歯」

 歯痛に悩むインドの少年(7)が南部チェンナイの病院で手術を受けたところ、顎から526本の「歯」が見つかった。遺伝などの影響の可能性もあるが、詳しい原因は不明という。地元メディアなどが伝えた。

 「歯」の大きさは0・1~3ミリで、歯冠や根のような部分があり、外側からは見えない状態だった。少年は顎が腫れたため病院を訪れ、エックス線検査を受けて“元凶”が見つかった。(共同)

関連ニュース