記事詳細

『表現の不自由展』会長の大村愛知県知事に吉村大阪知事が苦言「辞職相当だ」

 「あいちトリエンナーレ2019」で企画展が中止となった問題をめぐり、大阪府の吉村洋文知事は7日の記者会見で、芸術祭実行委員会会長を務める大村秀章愛知県知事について「辞職相当だと思う。責任を取らなきゃいけない」と述べた。

 吉村氏は「表現の自由は保障されるべきだが、『反日プロパガンダ』と国民が思うものを愛知県が主催者として展示するのは大反対だ」と主張した。

 大村氏は「(吉村氏が所属する)日本維新の会は(表現の自由を保障する)憲法21条を理解していないと思わざるを得ない」と発言している。

 これに対し、弁護士でもある吉村氏は「大村知事の方が理解していない」と反論した。

関連ニュース