記事詳細

【暴走する韓国】日本を潰して自国も… 韓国・文大統領の狙いは「徴用工問題を利用した赤化統一」 (1/2ページ)

 現在の日韓の激しい対立を招いた原因は、韓国の最高裁判所が日韓の政府間協定を無視して、いわゆる「元徴用工」への賠償を日本企業に命じたことにある。しかし、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「最高裁の判断に行政は介入できない」として、徴用工問題について、いまだに動こうとしない。

 明らかに国際法から逸脱した見解を、あえて維持している裏には何があるのだろう。

 日本政府は1965年の日韓請求権・経済協力協定に基づいて、第三者による「仲裁委員会の設置」を韓国側に要求したが拒否された。第三者が粛々と検証すれば、韓国側に勝ち目がないからだ。ならばハーグの国際司法裁判所に提訴する以外にない。

 ところが、そこで日本が勝てるとはかぎらないのだ。

 韓国による、福島など8県の農水産物輸入禁止をWTO(世界貿易機関)は認めてしまった。いくら正しくてもロビー活動次第で正義が覆されるのが世界の実態なのだ。まして、相手はプロパガンダにかけては超一流の韓国だ。

 ハーグの国際司法裁判所に「弱者を見捨てるな!」などと、元徴用工と名乗る人々や支持団体が押しかけ、偽の写真や徴用工像のレプリカを持ち込んで騒ぎ立てるだろう。弱者の立場を異常に保護する世界の潮流の中で、果たして日本に分があるだろうか。

関連ニュース