記事詳細

家族が親日的な文在寅大統領、なぜ反日発言が多いのか (1/2ページ)

 「盗人猛々しい」「私たちは充分に日本に打ち勝てる」--。8月2日、日本政府は、輸出管理上の優遇措置の対象となる「ホワイト国(現グループA)」から韓国の除外を閣議決定。これを受け、文在寅大統領(66才)は会見で攻撃的な言葉を吐き続けた。

 事の発端はいわゆる徴用工問題。日本政府は1965年に結ばれた日韓請求権協定で、元徴用工への補償問題は解決済みとの立場をとっている。

 (※日本が韓国に無償3億ドル、有償2億ドルの経済協力金を供与し、両国それぞれの国民間で「請求権」の問題を「完全かつ最終的に解決されたことを確認する」と明記されている)

 しかし、韓国の最高裁が日本企業への賠償責任を認めたことで一転、日韓関係は悪化。そしてこのタイミングでの排除措置を、韓国側は事実上の対抗措置と捉え、文大統領は過激な発言で反日感情を煽っているのだ。

 韓国国内では日本製品の不買運動が激しさを増し、日本への観光旅行のキャンセルも相次いでいる。多くの専門家が、今の日韓関係を“史上最悪”と見ており、その“旗振り役”が文大統領なのである。

 だが文大統領には意外な一面があると、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘さんは言う。

 「長女のダヘさんは、日本の国士舘大学に留学していました。金正淑夫人も茶道が大好きで、釜山に住んでいた頃には裏千家の教室に熱心に通っていた」

NEWSポストセブン

関連ニュース