記事詳細

いまも現役!北海道函館市・国内最古の「観覧車」 今秋に国の有形文化財へ

 北海道函館市にある現役で国内最古の観覧車が人気を集めている。1950年に建設され、現在の観覧車のモデルの一つとなっていることから、今秋には国の登録有形文化財になる。レトロな色合いと高さ10メートルの小柄で愛らしい見た目が特徴だ。

 八角形のフレームに赤やピンク、黄色などのカラフルなゴンドラが計8台つり下げられている。日本では珍しい2人乗りの長椅子型で、屋根はあるが扉や壁はなく、回り始めると体に風を受け開放感がある。3分45秒ほどでゆっくりと1周し、晴れの日には最上部から津軽海峡が見える。

 当初は函館市にほど近い大沼のほとりにあったが、65年に同市の遊園地「こどものくに」に移設して現在に至る。遊園地を運営する北海興業によると、日々の安全点検に加え、ギアや心棒に注油するなどメンテナンスに注意して、毎年検査を通過してきたという。

 今年1~4月には数十年ぶりの大規模改修を実施し、ゴンドラを全て取り外してさびを落とし、潮風で傷んだ鉄板を交換。古いカラー写真を基にペンキで色を塗り直した。

関連ニュース