記事詳細

あいちトリエンナーレ問題で大村知事に批判殺到! ツイート削除し責任丸投げ…和田政宗議員「展示の意図、説明するべきだ」 (2/2ページ)

 夕刊フジが愛知県に取材していたところ、大村氏は13日、《最近、私は過去のツイッターの一部を削除しましたが、これは愛知トリエンナーレの展示の一部中止の件と関係のないお知らせの関係者に対し、同件に関する書き込みがなされ、ご迷惑をおかけする事態になったため、やむを得ず削除したものです》と、突然再開したツイッターで釈明した。

 さらに、大村氏は同日の記者会見で「芸術の中身などについては、芸術監督(=津田氏)が全責任をもってやっておられる」「芸術監督を決めた以上はそこで作品の中身、芸術の中身などはお任せする、基本的には芸術監督の責任で仕切ってもらう」と語った。

 この会見を受け、ネット上では、《全責任丸投げ》《昭和天皇の写真を焼いて踏みつける映像を『展示すべき作品』と思っているのかどうかを表明してください》などと、批判・意見が相次いでいる

 大村氏の問題をネットで取り上げた自民党の和田政宗参院議員は「大村氏の説明に、多くの人が疑問と不満を感じているから書き込みが集中している。大村氏と津田氏が逃げずに、展示内容の詳細や、どういう意図で展示したかを改めて説明すべきだ」と語っている。

関連ニュース