記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「夏休み」》「非日常」を求めてお金を落とす (1/2ページ)

 「働き方改革」が進み、まとまった休みが取りやすくなってきた。夏休みは旅行に行く(行った)という方は多いだろう。

 JTBが7月に出した予測では、今年は7月15日~8月末の夏休み期間に1泊以上の海外旅行に出かける人が前年比3・5%増の299万人と比較可能な平成12年以降で最多となる見通しだ。一方、国内旅行は0・2%減の7435万人を見込んでいる。

 経済記者が旅行需要について取材する機会は割と多い。「非日常」を求める旅行は普段と違う場所や体験にお金を落とす行為であり、普段お金が行き渡らないところにもお金が回っていくからだ。

 取材の切り口はいくつかある。海外旅行の場合は為替動向、国際線の利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)、テロなど渡航先の政情不安。国内旅行はガソリン代や天候といった具合だ。

 今夏に関しては、海外旅行は円高が後押し材料となる一方、全日本空輸や日本航空が8月発券分から燃油サーチャージを値上げしたことが逆風になる。香港や韓国など気軽に行ける近隣国・地域で政情不安が高まっていることも気がかりだ。

 香港は中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」をめぐるデモ活動が激化し、飛行機の欠航や遅延が相次いでいる。物理的に行き来が難しい状況だ。

 韓国はウォン安に加え、ツアー料金も安いものの、対日感情が悪化しているこの局面で訪れる日本人は多くはないだろう。外務省も8月14日の「慰安婦をたたえる日」、15日の「光復節」に合わせて全国で開かれる抗日デモや集会にむやみに近づかないように注意を呼びかけている。