記事詳細

「世界三大テノール」ドミンゴ氏にセクハラ疑惑 女性歌手ら9人が告発、本人は否定

 「世界三大テノール」として名高いスペイン出身のオペラ歌手プラシド・ドミンゴ(78)にセクハラ禍だ。女性歌手やダンサーの計9人が長年、ドミンゴからセクハラや不適切な行為を受けていたとの告発記事をAP通信が配信したのだ。オペラ界で「公然の秘密」だったとも。ドミンゴ氏は声明で疑惑を否定した。

 これを受けて、米名門フィラデルフィア管弦楽団は13日、9月に予定していたドミンゴの出演を取り消したと発表。サンフランシスコ・オペラも10月の公演中止を決めた。ドミンゴは2020年東京五輪の文化プログラムで公演する予定になっている。

 ドミンゴが2003年から総合監督を務めるロサンゼルス・オペラも疑惑を調査すると明らかにした。多くのセクハラ問題は同劇団の歌手らが受けていたと伝えられている。(共同)