記事詳細

【永田町美人秘書】理由は毛髪量? 地元じゃない理髪店に通う先生の“思惑と被害者”

 他の先生方は地元の理髪店さんで散髪することが多いけど、うちの議員は選挙区とはまったく関係ない都心の高級店にこだわっている。別におしゃれにこだわっている様子ではないんだけど、「ここでないと髪を切ってはいけない!」と固く信じているらしい。

 理由はおそらく毛髪量。最近、特に少なくなったのが秘書の私から見てもよく分かる。それをふんわりと仕上げることができるのが、その高級店だけだと思い込んでいるようで、なんと月に2度も通っている。

 若い議員ならいざ知らず、もういい年なんだから諦めたらいいのに…。

 と思っていたら、地元の事務所から秘書のX君がSOSを出してきた。

 「ボクの頭だけでは、5軒の理髪店さんに通うのは無理です!」

 まあ議員ったら、自分の代わりにX君を地元の理髪店さんに通わせていたのね。ということで、後援会長に連絡して、議員には来月から地元の理髪店さんに通ってもらうことにした。彼らは票を持っているんだから、髪の毛を差し出してもいいでしょ(笑)。

関連ニュース