記事詳細

JR外房線で運転士が居眠り「一時的に睡魔に襲われた」

 JR東日本千葉支社は14日、20代の男性運転士が7月、JR外房線で普通電車の乗務中に居眠りしていたと発表した。運転士がうとうとする様子を乗客が動画撮影し、ツイッターに投稿して発覚した。停車位置の誤りなどトラブルはなかったとしている。

 千葉支社によると、動画は約30秒間で、7月25日午後5時ごろに蘇我-永田間で撮影されたとみられる。動画を見た報道機関から14日に問い合わせがあり、運転士に確認したところ、居眠りを認め「一時的に睡魔に襲われた」と話したという。