記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】韓国また妄想「放射能五輪は危険」 日本の放射能レベルは韓国より低いのに大騒ぎ…世界に向け「東京五輪ボイコット」運動 (3/3ページ)

 もっとも、この大統領は“日韓経済戦争”について、「もう日本には負けない」と勇ましく宣言したかと思うと、1週間もしないうちに「皆が被害者になる勝者のないゲームだ」と言葉を変える人物だ。大阪での発言など、もう頭の中に残っていないのかもしれない。

 「放射能五輪ボイコット運動」は、海外向けサイバーテロ集団を動員して、ギリギリまで続けられるだろう。日本政府はWTO(世界貿易機関)逆転敗訴の教訓を噛みしめて、韓国の対外向け悪宣伝活動に対しては、手を抜かずに、こまめに対応していく必要がある。

 そうすれば、最後に問われるのは、韓国に「1国だけでもボイコット」する度胸があるのかどうかとなる。その度胸なしとなった場合、懲りない人々はどんな顔をして何を言うのか、今から楽しみではないか。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。

関連ニュース