記事詳細

74回目、終戦の日 平和への誓いを新たに

 74回目の終戦の日を迎えた15日、令和で初めてとなる政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。天皇、皇后両陛下のご臨席のもと、安倍晋三首相や全国各地の遺族ら計約7000人(付き添い含む)が参列。先の大戦で犠牲となった軍人・軍属約230万人、一般国民約80万人の計約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。

 式典では、安倍首相の式辞の後、参列者らが起立し、正午の時報を合図に1分間の黙祷。今年5月に即位した天皇陛下と、皇后さまはいずれも戦後生まれで、初めての式典ご参列となった。