記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】ロシアでも人気の“脱出ゲーム” (1/2ページ)

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆様!

 あなたは実生活の中で、コンピュータのロールプレイングゲームのような疑似体験をしてみたいと思ったことはありませんか?

 それはクエストで可能です。

 “脱出ゲーム”とも呼ばれるクエストは、人々がリアルに体験するロールプレイングゲームで、2014年ぐらいからロシアで流行り始め、今では、こちらでは誰もが知る人気のアクティビティーです。

 特に18歳以上で、友人と一緒にアドレナリンを出しまくりたい人や、グループで遊ぶことが好きな人にはうってつけのゲームだと言えます。

 そのルールを簡単に説明しますと、2-4人のプレイヤーが閉じ込められた部屋(それをクエストルームと呼びます)から脱出するゲームです。

 プレイヤーはお互いに協力しあって、クエストルームから脱出する手がかりを見つけ、課題に沿って謎を解いて行き、暗号を解読して、1時間以内に部屋のどこかに隠されている脱出への鍵を見つけます。

 この間ずっと、クエストのスタッフはコントロールルームからビデオカメラを使って、各クエストルームのプレーヤーの動きを見ています。どうしても次の課題をクリアできないプレイヤーは、クエストルームにある備え付けの電話からスタッフに連絡し、3回までヒントをもらうことが出来ます。

関連ニュース