記事詳細

【激変する安全保障】北ミサイル「低高度」なら日本の防衛網を突破!? 安全保障に死活的影響も政府は危機感乏しく…能天気なコメント繰り返し (1/2ページ)

 北朝鮮の弾道ミサイル発射が止まらない。先月25日以降、16日朝の発射分を合わせて6回目となる。防衛省は一連の発射を「短距離弾道ミサイル」と断定した。そして、東部・咸興(ハムフン)付近から10日、日本海に発射されたミサイルは、北朝鮮が公表した写真では、ロシア製の弾道ミサイル「イスカンデル」に似ている。

 ならば、弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会決議違反となる。北朝鮮への制裁が強化されてもおかしくないが、発射を強く非難する声すら聞こえない。

 ドナルド・トランプ米大統領に至っては、「すべて短距離だ」と問題視せず、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長から、とても美しく前向きな書簡を受け取った」「また会談を行うことになると思う」と、米朝首脳会談の開催に意欲を示す。

 厄介なのが、北朝鮮がいう「低高度滑空跳躍型飛行軌道」(7月25日発射)である。実際、同日の発射は「低高度」(ディプレスド)軌道であった。低高度だと、大気の抵抗を受け、飛距離が短くなるが、それでも同日は600キロも飛んだ。すでに「中距離」核戦力全廃条約(INF)が禁じていた射程500キロを超えている。

 しかも低高度ではなく通常軌道なら、九州や中国地方が射程に入る。なのに、射程下の日本政府が(米国と歩調を合わせて)「短距離」と言い続ける姿勢はいただけない。

 同日は下降段階で水平飛行した後、「跳躍」(=急上昇・ホップアップ)したらしい。ならば、自衛隊は弾道を正確に計算できない。その結果、ミサイル防衛網を突破されてしまう。

関連ニュース