記事詳細

アパ社長、自慢のカレーを星稜ナインに差し入れ

 あの名物社長が衝撃の激励-。第101回全国高校野球選手権大会(甲子園球場)は22日、決勝で星稜(石川)と履正社(大阪)が激突。

 令和最初の頂点とあって列島も大注目だが、プロ熱視線の奥川恭伸投手(3年)擁する星稜の宿舎、アパホテル(大阪)に20日、同ホテルの元谷芙美子社長(72)が電撃訪問し、ナインを驚かせた。

 元谷社長は同じ北陸の福井県出身。夕食時に同社自慢の「アパ社長カレー」を60食分、差し入れした。アパ社長カレー(200グラムの場合、390円)と言えば、“金沢カレー”らしくコクのある濃厚な味わいが特徴。社長の顔がパッケージに載るインパクトの強さもあってお土産やお取り寄せでも人気だ。

 差し入れだけでなく「私の全ての強運をみなさんにささげます」(元谷社長)と最大級のエールも。夏の甲子園では北陸勢の優勝はないだけに、いてもたってもいられなかったようだ。