記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】「日本に効いてるぞ!」集団“加害”妄想に陥った韓国の「不買運動」 「日本行かない!」に韓国の航空会社が悲鳴の皮肉 (1/3ページ)

 自意識過剰な人々は「集団被害妄想」に陥りやすい。しかし、そうした人々は一条の光を見るや、途端に集団“加害”妄想に転化するのではないか。韓国の官製不買運動を見ていると、そう思えてくる。

 日本の海運会社が中国にLNG(液化天然ガス)輸送船を発注するや、「韓国造船所をけん制するために協力する中・日」(朝鮮日報2019年8月12日)とパッと反応するあたり、自意識過剰の証左ではないだろうか。

 日本の輸出管理強化による被害は、実はまだ何も出ていない。それなのに、「日本の経済報復だ」「日本の経済侵略が始まった」と叫ぶとは、集団被害妄想でなくて何なのか。歴史を振り返れば、彼らは常に「日本による被害者」を装ってきた。「被害者コスプレ趣味集団」なのだろうか。

 幻の被害に対抗して始まったのが官製不買運動だ。その1パートである「日本旅行に行かない運動」について面白い記事(韓国日報19年7月23日)があった。

 -日本の参院選では、韓国人が多く訪れた観光地で、自民党候補が大挙当選し、国内世論が沸き立っている。「韓国人観光客のおかげで食べてきたのに、韓国に対する貿易報復措置を断行した自民党を支持したというから、さらに懲らしめなければならない」-。

関連ニュース