記事詳細

日本政府、韓国の協定破棄「極めて遺憾」 対北朝鮮連携に悪影響も

 日本政府は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた文在寅・韓国政権への不信感を強めた。政府筋は「極めて遺憾だ」と述べた。協定破棄の狙いに関する情報収集と分析を急ぐ構えだ。日米韓3カ国の対北朝鮮連携に悪影響を与える可能性があるとみて、米国と意思疎通を図る。

 協定破棄に関し、政府内では「韓国が実際に決定すれば、日韓対立の影響は経済分野にとどまらず、安全保障分野に及ぶ」(外務省筋)と見る向きが根強かった。今回の破棄決定を受け、日本側が態度を硬化させる公算は大きい。